Trip.comでの列車乗車券の予約方法

中国の列車乗車券をオンラインでご予約する時、列車タイプによって所要時間が異なることに気が付かれることと思います。

中国の列車は、アルファベットによって区別されています。 G、D、C列車は高速列車、 Z、T、K列車は快速または夜行列車です。中国の高速列車の座席には等級があり、概して非常に快適ですが、夜行列車に比べて高価です。中国の夜行列車には、軟臥と硬臥、軟座と硬座があります。夜行列車は高速列車より移動時間が長く停車駅も多いですが、旅費を節約したいお客様にお勧めです。

中国の高速列車について: G列車、D列車、C列車

中国の高速鉄道は州都や主要都市間で運行されており、 G列車(高鉄[gāotiě])は中国版新幹線で、最高速度300km/hと、最も高速の列車です。料金も最も高額となります。

D列車(動車[dòngchē])は、2番目に高速の列車で、最高速度は250km/hです。D列車は主要都市にのみ停車し、直通運転の場合もあります。

C列車(城際[chéngjì])は、近郊都市間を結ぶ動力分散方式(EMU)の列車で、北京-天津間(200km)を120km/h、約30分で結ぶ京津城際鉄路が有名です。

列車の座席の種類について

China Train Seat Types

ビジネス席:一部のG(高速)列車のみ対応。中国の列車で最も快適かつ高額の座席です。通路を挟んで1列につき3席の配置で、各座席は革張りのリクライニングシートとなっています。ビジネス席は、移動中も十分にリラックスして休息したいお客様に最適です。

VIP席:一部のG列車にはビジネス席の代わりにVIP席が用意されております。ビジネス席ほど豪華ではありませんが十分快適で、読書灯とビデオ設備をご利用いただけます。

一等席:セミリクライニングシートで、1列につき4席の配置です。一等席の座席は足元にもゆとりがあり、快適な座席となっています。各席に、電源コンセント、枕、テーブルトレイが備え付けられています。

二等席: 高速列車で最もお手頃価格の座席です。他の座席ほど広々とはしていませんが、電源コンセントが付いているなど、快適で便利な旅行をご希望のお客様にお勧めの座席です。

観光席: ビジネス席の車両に設置されています。大きな窓付の座席で、車窓からの素晴らしい景色をお楽しみいただけます。

軟臥: 一部の長距離夜行のD列車に設置されている寝台席です。 通常、一つの個室に2段ベッドが2台設置されています。一つの個室にベッドを2台設置のデラックス軟臥もご利用可能です。

G列車とD列車では、食堂車と車内販売があります。お手洗いは概して清潔です。

高速列車 ビジネス席
/VIP席
一等席 二等席 観光席 軟臥
G ○(一部の列車) ×
D × × ○(一部の列車)
C × × ×

快速列車について: Z列車、T列車、K列車

快速列車は移動時間がかかり停車駅も多いため、軟座と硬座の他に寝台も用意されています。 軟座と硬座は安価ですが日を跨ぐ旅程にはやや不向きです。寝台と通常の座席は以下の列車に設置されています。

Z列車 (直達[zhídá]): 中国の全ての主要都市間を結ぶ列車で、主要駅にのみ停車します。通常は到着まで何日もかかるため、軟臥と硬臥が用意されています。多くの列車にはデラックス軟臥も設置されています。

T列車 (特快[tèkuài]): T列車は更に長距離を走る列車で、所要時間もより長くなります。中国の全ての主要都市間を結ぶ列車で、主要駅と乗換駅に停車します。寝台(軟臥/硬臥)、または座席(軟座/硬座)をお選び頂けます。

K列車 (快速[kuàisù]): K列車は中国に最も昔からある最も低速の列車で、経由するほとんどの鉄道駅に停車します。寝台(軟臥/硬臥)、または座席(軟座/硬座)をお選び頂けます。

列車の座席の種類について

硬座: 中国の列車の硬座は、実は「硬い」わけではありません。ですが、座席パッドは薄く、通常、車両は非常に混み合っています。 車両は喫煙可で、エアコンは付いていません。硬座は非常に安価ですので、短距離の移動には良いですが、長距離の移動には快適さの面でお勧めしません。

軟座: 硬座よりは快適です。 中国の軟座は頭上に荷物棚のあるボックス席となります。軟座の車両はエアコン付で、硬座の車両よりは清潔で空いている傾向があります。旅費を節約したいお客様に非常にお勧めの座席です。

硬臥: 開放式の三段ベッドで、枕、シーツ、毛布付です。硬座と同様、硬臥は実は「硬い」わけではありませんが、軟臥に比べて狭くなっています。一つの個室の左右に3段ベッドが1台ずつ、合計6台の寝台が配置されています。 プライバシーに欠け、寝台の位置も不便ですが(お客様自身で上段、中段、下段の寝台をお選び頂けます)、乗車中に体を休めたりお金を節約したいお客様にお勧めです。寝台はその位置によって価格が異なります。上段が一番安く、下段が最も高くなっています(日中はより快適なため)。実際、上段と中段の乗客は、座るのに十分な上下の空間が無いため、日中は下段に座って過ごしています。他の乗客と寝台を共有したくない場合は、下段の予約を避けることをお勧めします。

軟臥: 各個室の左右に2段ベッドが1台ずつ、合計4台の寝台が配置され、快適な寝具付きの広めの寝台となっています。軟臥は片側につき寝台が2台のみのため、硬臥よりもかなりゆとりがあります。ベッドの上下には収納スペースもあります。また、各寝台に液晶スクリーンが備えられています。

デラックス軟臥: 各個室にベッドが2台設置されています。テーブルとクローゼット付です。お手洗いは比較的清潔です。一部のデラックス軟臥は室内洗面台とシャワーブース付です。

快速列車 硬座 軟座 硬臥 軟臥 デラックス軟臥
Z × × ×
T ×
K ×
  Brand of the Year Awards 2020,   South Korea
  Brand of the Year Awards 2020,   South Korea
  Google Material Design Awards   2019
  Google Material Design Awards   2019
  Asia eCommerce Awards 2019,   Hong Kong
  Asia eCommerce Awards 2019,   Hong Kong